腰椎捻挫後の腰の痛みは本当にツラい

交通事故の怪我は「腰椎捻挫」もかなり多い

弊所は、交通事故による腰椎捻挫の症状で苦しんでいる方のご相談も多いです。

腰椎捻挫の場合の自賠責保険上の後遺障害等級は、
A.非該当
B.14級9号:神経症状(自賠責金額75万円)
C.12級13号:頑固な神経症状(自賠責金額224万円)
の3パターンあります。

腰は、「身体の要」

腰椎捻挫受傷後の典型的な症状は、
・腰の痛み
・お尻の痛み・痺れ
・足の痺れ
となります。

腰は「身体の要」と言われるように、
仕事・日常生活ではかなり重要な役割を果たしています。
ただ、痛み・痺れによる活動制限やストレスは、
怪我をしてみて初めてわかるものです。

弊所ご依頼者も、
・長時間座っているのがツライ
・ハイキングなどの趣味活動ができなくなった
・平坦な道でもよくつまづくようになった
などなど、たくさんの苦しい声を聴いてきました。

その腰の痛み、泣き寝入りしてはいけません

弊所は、腰椎捻挫由来の症状で苦しむ方の後遺障害等級を勝ち取ってきました。
むち打ちと同様、簡単に泣き寝入りしてはいけません。

弊所は、
14級9号の神経症状
12級13号の頑固な神経症状
の多くの実績があります。
是非ご相談ください。

異議申立による認定も多数あります。

keyboard_arrow_up

0444555193 問い合わせバナー LINE相談