自賠責保険上の後遺障害等級が「非該当」の場合、申請から結果通知までの期間は?

非該当の場合は、結果がくるのが早い

結論すると、そう考えます。

自賠責保険上の後遺障害等級が「認定される」ケースは、
原則としては、申請から結果通知まで、
1ヶ月+αの場合が多いように考えます。

一方、「非該当」のケースは、
申請から結果通知まで、2週間〜3週間と回答が早いケースが多いです。

自賠責保険の請求をしてはいけない時期がある

弊所の経験では、
(A)8月のお盆シーズン(毎年8月10日~15日)

(B)12月1日〜31日
は被害者請求をしてはいけないと感じています。
(※もちろん、上記の時期以外に申請しても、非該当のケースは当然あります。)

理由としては、
後遺障害等級が認定されるようなケースでも、
上記(A)(B)の時期は、自賠責側の審査が杜撰になり、適切な審査もせずに、
非該当」で回答してくるように感じます(弊所の独自見解)。

したがって、弊所では、
上記(A)、(B)の時期に申請するのは、必ず避けます。

ご依頼者の努力を無駄にできない

ご依頼者には、
・症状固定まで6ヶ月+αの通院期間、
・6ヶ月の間の地道で定期的な通院、
・各種精密検査、
など、大変なご尽力をしていただいています。

そのような中、弊所の申請時期のミスによって、
ご依頼者の努力を無駄にすることはできないように考えます。

keyboard_arrow_up

0444555193 問い合わせバナー LINE相談