交通事故による”むち打ち”で首が痛くて手の中指が痺れる

むちうちの典型的症状

交通事故によるむち打ち症を受傷した場合の症状としては、
(A)頚部痛=首の痛み
(B)神経症状=腕や手の痺れ
が、典型的な症状かと考えます。

したがって、僕が、お客様に症状をお聴きする際は、
上記の症状を聞き逃さぬよう注意しています。

痺れの部位と医学的所見との整合性

手の”中指の痺れ”が出現した場合に、
その中指の痺れが、医学的所見(MRI画像・腱反射)と整合性がとれれば、
自賠責保険上の後遺障害等級の第12級13号の認定基準を満たすことになります。

具体的には、
手の中指が痺れる場合は、
(1)頚椎MRI所見=頚椎「C7」のヘルニア
(2)腱反射テスト=「上腕三頭筋」腱反射の低下または消失
(※ただし、腱反射については、初診時から症状固定時まで連続して所見が出続けていなければ、
自賠責側は評価をしない傾向があるように感じます。)
という所見を、後遺障害診断書に記載を得られれば、
後遺障害診断書上・医学的所見上は、第12級13号の認定基準を満たすことになります。

keyboard_arrow_up

0444555193 問い合わせバナー LINE相談